コンテンツのご案内

室町会計事務所の対応業務内容や実績の他、
ご依頼の流れや料金表等をご覧いただけます。

  • 事務所の概要
  • 対応業務
  • 税務調査
  • 決算書作成
  • 新規事業・法人設立
  • 実績紹介
  • ご依頼の流れ
  • 料金表
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • トップページ
お問い合わせ・ご相談 当事務所へのご相談/問い合わせはお気軽にお電話orメールフォームからどうぞ
ブログ 税務調査時のポイントなど皆様のお役に立つ話題を定期的に掲載しています。是非ご覧ください。
プライバシーポリシー
サイトマップ 室町会計事務所サイト内のコンテンツ一覧を見ることができます。

〒124-0025
東京都葛飾区西新小岩5-9-12

TEL 03-3691-4654

受付時間:平日 9:00〜17:00
     土曜 9:00〜12:00


新小岩駅と四ツ木駅からお越しの方は
是非ご覧ください。

 

ブログ

交際費と諸会費の処理について

東京都葛飾区 新小岩の会計事務所、室町会計事務所です。
当社は税務調査に関するサポートを行っております。

税務調査に関するご相談は、メール・お電話で承っております。
まずはお客様の悩み事をじっくりとヒヤリングし、最適なご提案をいたします。
税務調査の立ち合いや事前準備につきまして、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

本日のブログでは「交際費と諸会費の処理」に関してご紹介いたします。
会計業務では、なかなか会社様だけでは判別がつかない部分があるかと存じます。
会計に関するお手伝いなども行っておりますので、お問い合わせください。

○○会費という支出について

日々の会計業務の中で○○会費という支出は多くあると思います。

例えば、

・忘年会の会費  ・新年会の会費  ・安全協力会の会費
・法人会の会費  ・JAFの年会費  ・ゴルフ場の年会費

などです。

例示した会費をすべて諸会費という勘定科目で処理するのは誤りです。

忘年会・新年会の会費や安全協力会の会費は交際費で処理するのが正しいです。
但し、忘年会・新年会の会費は消費税法上役務の提供を受けるので課税仕入れに該当しますが、安全協力会の会費は課税仕入れに該当しないので注意が必要です。

法人会の会費やJAFの年会費は諸会費で処理し、
消費税法上は非課税仕入になります。

ゴルフ場の年会費は消費税法上課税仕入に該当しますので
交際費又は雑費で処理します。

会費を会計で処理する際に重要なこと

日々の会計業務の中で大事なことは、
表面上の名称に惑わされることなく支払いの内容を吟味した上で勘定科目を決定するという事です。

同時に消費税の処理で課税仕入か非課税仕入かを吟味する事も重要です。

室町会計事務所では上記のようなご質問をよくいただくことがございます。
ご相談・お見積は無料となっておりますので、まずはご連絡ください。

 

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

税務調査が本格化

東京都葛飾区 新小岩の会計事務所 室町会計事務所です。
当所は「税務調査の強い味方」として皆様の税務調査をサポートしております。

本日は、この時期本格化してくる税務調査についての話題です。

7月10日は何の日かご存知ですか?

実は税務署の職員の定例の異動日なのです。

税務署の締め月(調査結果を纏める期限)は6月と12月です。 5月と6月は4月までに税務調査を行った結果を纏めなければならないのであまり税務調査は行われません。

7月10日に異動が行われ、約10日間事務の引継ぎなどがあります。そして20日を過ぎると税務調査が本格的に始まります。先ず調査の連絡があるのは11月決算法人から1月決算法人までではないでしょうか。

該当する法人の方は、連絡がある前に過去3年間の株主総会議事録や建物賃貸借契約書が作成してあるか確かめておいたほうが良いと思います。

尚、個人事業主の方の所得税の税務調査と相続税・贈与税の税務調査は、税務署の職員の事務引継ぎで「申し渡し(継続案件)」がされていれば7月中から調査の日程の連絡があります。

税理士と顧問契約を結んでいない納税者の方、税務調査に不安があれば御連絡下さい。 短期間で調査の準備を致します。

室町会計事務所は、税務調査での社長様・事業種様の盾となります。 お気軽にご相談ください。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

室町会計事務所へのご依頼方法について

東京都葛飾区の新小岩にあります室町会計事務所です。
当事務所では、税務調査や決算書作成等のお手伝いを行っております。

税務調査の事前準備等でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

本日は「室町会計事務所へのご依頼方法」についてご紹介いたします。
当事務所へ税務調査に関したご依頼を検討中の方は、是非こちらのブログをご覧ください。

まずはお気軽にお問い合わせください

室町会計事務所では、お電話・メール問い合わせにてご連絡ください。
「税務調査」や「決算書作成」に関して疑問やお困り事がございましたら、
まずはお問い合わせをいただければと思います。

お問い合わせの際、具体的に「税務調査の当日立ち合いをしてもらいたい」や
「決算書の作成について、アドバイスが欲しい」等、
お困りの点を教えていただきますと、その後がスムーズです。

お問い合わせをいただいた際には、専門担当者が対応いたします。

ご依頼の内容についてお打ち合わせをいたします

「税務調査」や「決算書」等、お困りのことについてサポートいたします。
お客様のご要望に合わせたご案内をいたします。

室町会計事務所では、「税務調査」に関するお問い合わせを多くいただいております。
税務調査の当日立ち合い等も行っておりますので、ご相談ください。

税務調査へ立ち会う際には、事前に打ち合わせを行わせていただきます。

お打ち合わせの内容をもとに、お見積書を作成

お客様のご要望や、打ち合わせの際にお聞きしました内容をもとに、
お見積書を作成いたします。

サービス内容や見積金額に不明点があった際には、
再度ご連絡をいただければと思います。

内容に問題がなければ、ご契約となります。

室町会計事務所では、
ご相談・お打ち合わせ、そしてお見積は無料となっております。
お困りの事について、お気軽にご相談ください。
当事務所が皆様の手助けをいたします!

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

工事現場のジュース代(飲み物代)について【東京葛飾 室町会計事務所】

東京都葛飾区新小岩にあります室町会計事務所です。
室町会計事務所では、税務調査にまつわるご相談を承っております。
お困りのことがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

本日のコラムでは、「工事現場でのジュース代」に関する内容をご紹介いたします。

工事現場での飲み物調達方法について

工事現場で飲む飲み物はどの様に調達していますか?

T 会社から持っていく
U 現場近くのコンビニで買う
V 自動販売機を利用する

などが考えられます。

Tの「会社から持っていく」ですと、まとめ買いをすれば領収書を発行してもらえるので会計上は一番良いと思われます。
しかし、クーラーボックスを持っていけば別ですが、飲むときに生ぬるくなってしまうので現実的ではありません。

Uの「現場近くのコンビニで買う」はどうでしょう。
領収書を発行してもらえるので会計上は問題ないと思われますが、
飲みたいときに毎回買いにいかなければならないですし、現場近くに店舗がない場合は困ってしまいます。

Vの「自動販売機を利用する」は、飲みたいときに近くで購入できるので便利です。
ただし領収書が発行されないという難点があります。

税務調査の際、自販機を利用した際の飲み物代を是認してもらうために

以前、実際の税務調査で「現場ジュース代」に関して税務調査官から指摘を受けたことがあります。
会社側は「実際に金銭を支払っているので損金計上する」、税務署側は「領収書がないので信憑性に欠ける」と言って各々が主張し、この件について平行線でした。

この時室町会計事務所では、
「現場ジュース代専用のノートを作成し毎日記帳する、ということではいかがか」
提案したところ、担当調査官もそこまでするのであれば信憑性は高くなると回答してもらえました。
この調査では税務調査後、専用のノートを作成することを条件として調査前の現場ジュース代も是認してもらえました。

以上をまとめますと、専用のノートを作成し、
1:日付 2:現場名 3:本数 4:金額 の4項目を毎日欠かさずに記帳する事が重要です。

また現場ジュース代をどの様な勘定科目で処理するかも大切です。
昼休みに自社の従業員が飲んだのであれば福利厚生費となり他社の者に飲ませたのであれば交際費になります。
勤務時間中の打ち合わせで飲んだのであれば会議費になります。

領収書が発行されないからと言ってあきらめたりせず、また計上した金額を調査で否認される事がないように
日々「コツコツ」と会計データの裏付けを記録するように心がけて下さい。

室町会計事務所では、税務調査時のトラブルやお悩みについてサポートをさせていただきます。
社長様・事業主様の頼れるパートナーとして、これまでの経験や知識を元にお手伝いいたします。
税務調査・確定申告等、お気軽にご相談ください。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

交際費と領収書について

税務調査から決算書作成までを包括的にサポートしております、東京都葛飾区の室町会計事務所です。
本日のブログでは「交際費と領収書」についての記事をご紹介いたします。

税法上で定義される「交際費」とは

皆様は、「交際費」とはどういったものを指すのかご存知でしょうか?
税法上の交際費に該当するには「二つの要件」を充たすことが必要になります。
1つはその「目的となった相手先」、もう1つはその「目的となった行為」です。

1つ目の相手先とは、
得意先、仕入先、株主その他事業に関係のある者」をいいます。

但し「自分の会社の従業員(元従業員を含む)」は除かれます。

2つ目の行為とは「接待、饗応、慰安、贈答」を言います。
例えば得意先を飲食店で接待した、お中元・お歳暮などを贈った等がその例です。

得意先を慰安したのであれば二つの要件を充たすので交際費に該当しますが、
自社の従業員を慰安したのであれば、交際費に該当せず、「福利厚生費」に該当することになります。

又、仕入先にお中元・お歳暮などを贈ったのであれば交際費に該当しますが、
自社名入れのカレンダーを贈ったのであれば交際費に該当せず、「広告宣伝費」に該当することになります。

こういったケースもあります。
一般的にタクシーを業務上利用したのであれば、「旅費交通費」になりますが、
「得意先を接待した後でタクシーで送り届けた場合」には、交際費になります。

この様に交際費は一目瞭然に判断できる科目ではないので一つ一つ確実におさえていくことが大切です。

領収書が発行されない・紛失した場合

さて、御祝金や御香典など領収証が発行されない場合は、
経費に計上することは難しいのでしょうか?

そんなことはありません。
招待状や会葬礼状などを残しておき、
それに支出した金額を記載しておけば領収証の代わりになります。

今まで上記内容で、室町会計事務所が調査立会いの際に
支出金額を否認されたことは一度もありません。
但し世間相場を超えた金額を支出した場合には、
受取先に税務署から問い合わせがあるかもしれません。

又、支出した金額ははっきりとわかっているが、領収証を紛失してしまった場合はどうでしょう。
例えばタクシーの領収書などです。

タクシーに乗った場所と降りた場所を勘案して合理的な金額であれば税務調査で否認されることは少ないと思います。
領収書を紛失した際には、上記を考慮し記載をしましょう。

室町会計事務所では、決算書の作成や税務調査の立ち合いなど、会計に関するお困りごとをサポートいたします。
税務関係のお問い合わせは、お電話・メールにてお待ちしております。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

葛飾区で税理士業務を委託するなら、当事務所へぜひご依頼ください!

室町会計事務所では、東京葛飾区を中心に地域密着で会計業務/税理士業務を行っております。
税務調査対応は勿論、税務申告業務もお任せください。

≪室町会計事務所の対応 税務申告業務内容≫

上記業務などを会社社長様、個人事業主様に代わり室町会計事務所にて行います。
税務申告に関する申告書、届け出書の作成といったなれない業務を委託することで、
本来の業務へと集中することができます。

こちらのご負担が軽減されることで、より生産性の高い事業展開に必要な取り組みへ
専念できるため、多くの事業主様よりお喜びの声を頂戴しています。

室町会計事務所は「葛飾区の頼れるエキスパートバンク登録税理士」として
皆様の支えとなります!

会計業務/税理士業務なら室町へお気軽にご相談ください。丁寧にご相談に応じます。

まずはお電話ください:03-3691-6454
(平日9時から17時まで。土曜日は9時から12時まで)

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

年末調整制度の解説【東京都葛飾 室町会計事務所】

東京都葛飾区の室町会計事務所です。
当事務所では、税務調査や法人設立の際のアドバイスはもちろん、
「年末調整」等の社長様・事業主様の税務申告業務についても
サポートを行っております。

本日のブログでは、「年末調整制度」について詳しく解説いたします。

年末調整とは、会社員にとってはなくてはならない制度です。
毎月の給料から天引き(源泉徴収)された税金を精算する制度だからです。

年末調整に必要な書類

年末調整に必要な用紙は主に2つあります。
1つは扶養控除等(異動)申告書、もう1つは保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書です。

前者は、平成29年1月に既に会社に提出済みですが、家族構成が変わった場合に会社に連絡して追加訂正します。
例えば子供が生まれた、または子供が就職したなどです。

また寡婦に該当する方の場合は、扶養する子供の有無と所得によって控除額が変わってきますから注意が必要です。

 

後者の書類は、保険料控除や配偶者特別控除を受ける時に必要な書類です。

まず、保険料控除は生命保険料や地震保険料を支払っている時に控除を受けることができます。
毎年10月から11月に保険会社から「控除証明書」が郵送されて来るので、それを添付すれば充分です。

次に配偶者特別控除は、配偶者(一般的には妻)が、パートをしていたり、
自営の仕事をしていたりして収入が一定以上あり、配偶者控除が受けられない場合に受けることができます。
配偶者の合計所得金額を見積書によって計算し、合計所得金額によって控除額が増減します。

年末調整の対象者について

最後に、年末調整は誰でも受けられるというわけではありません。
会社に「扶養控除等(異動)申告書」を提出していない方、平成29年中の収入金額が2000万円を超える方、
29年中に退職し再就職していない方などです。

これらの方は、会社から「平成29年分の給与所得の源泉徴収票」を受け取って
平成30年の2月16日から3月15日までの間に住所地の税務署に確定申告をすれば
1年間の税金の精算をすることができます。

室町会計事務所は、東京都葛飾区を中心に近隣エリアへ対応しております。
税務調査の事前準備・当日立ち合いはもちろん、年末調整等の税務申告業務についてもお気軽にご相談ください。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

税務調査ならお任せください/東京葛飾の室町会計事務所

東京葛飾区にあります室町会計事務所では、
税務調査の事前準備や当日の立ち合いを行っております。

税務調査でお困りの社長様・個人事業主様は、
是非一度室町会計事務所にご相談ください。

税務調査の日程が決まった社長様は、
以下のようなことでお困りではありませんでしたか?


●税務調査があった際、どういった準備をすればいいのかがわからない
●税務調査当日、立ち会ってくれるはずの税理士が顔を出しただけで帰ってしまった・・・
●調査官からの質問に、どのように答えたらいいかがわからない
●税務調査について適切なアドバイスをしてくれる税理士に頼みたい
●税務調査当日、経理に問題がないにも関わらず質問攻めされる・・・

税務調査とは本来、会社様の申告と会社様が保存している「領収書」や「請求書」等の帳票の確認作業です。
ですので、税務調査があるからといって必ずしも追加税金が発生するわけではありません。

ですが、税務調査に対して事前の準備は必須です。
また、事前に入念な準備をしておくことで、当日は落ち着いて税務調査に臨むことができます。

「どういった準備をすべきかわからない」という
社長様や事業主様に対して、
適切なアドバイスを行わせていただきます。

税務調査に対するスタンスとしても「好戦的な態度」を取ることはしません。
また調査官の「YESマン」にならないよう、会社様の立場に立って正しい交渉を行います。

室町会計事務所では、税務調査に対してこれまで多くの会社様のサポートを行ってまいりました。
「税務調査」について、お気軽にお問い合わせください。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

東京葛飾区の室町会計事務所 ホームページを公開いたしました

東京都葛飾区西新小岩にあります室町会計事務所です。
室町会計事務所では、エキスパートバンク登録税理士が対応をさせていただきます。

室町会計事務所 公式ホームページを本日公開いたしました。
法律や会計に関する内容や、税務調査・決算書等についての情報などを
掲載いたしますので是非ご覧ください。

当事務所では、お客様と関わり合いを行う上で
皆様の心に寄り添った提案・サポートを行うことを大切にしています。

電話やメールでのサポートはもちろんですが、「お客様と直接お会いする」ことを重視します。

対面でのお打ち合わせや税務調査への立ち合いで直接同じ時間を共有し、
お客様が「本当に困っている事」へ、お客様とともに立ち向かいます。

税務調査から法人設立・新規事業へのアドバイスなど、
法律や会計に関することでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

東京葛飾区の会計事務所
室町会計事務所
税務調査・決算書作成・法人設立
税務関係のご相談はお気軽にどうぞ

TEL:03-3691-6454
電話での受付時間
■平日 9:00〜17:00
■土曜 9:00〜12:00

メールでのご相談はこちらからどうぞ
税務調査のことなら 東京葛飾区の室町会計事務所 TOPページ

 

Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE